SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索

  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-05-24 09:48:34

iDeCo(個人型確定拠出年金) > SBI証券のメリット

SBI証券のメリット

SBI証券の iDeCo が選ばれる【 3つのメリット 】とは?

iDeCo( 個人型確定拠出年金 )の節税メリットはどの金融機関でも同じですが、運用コストや商品ラインナップは金融機関によって様々です。 だからこそ、“どこの金融機関で”iDeCo(個人型確定拠出年金)に加入し、資産を運用していくかということがとても重要となります。
SBI証券のiDeCoが選ばれる理由とは!?3つのメリットを詳しくご紹介します。

メリット1安心の実績

10年を超える運営実績!加入者数No.1

SBI証券は2005年からiDeCoをご提供し続けており、おかげさまで加入者数は No.1!
大切な資産だからこそ、安心の実績と豊富な情報量を誇るSBI証券ではじめてみてはいかがでしょうか。

加入者数
No.1

※ 2019年4月 SBI証券調べ。

メリット2手数料が無料

だれでも運営管理手数料が無料!

iDeCoでは、「運営管理手数料」がかかる金融機関もありますが、SBI証券では、年金資産残高にかかわらず、どなたでも運営管理手数料は無料です。
長期で運用するからこそ、コストは低く抑えたいですよね。運営管理手数料が無料のSBI証券で、節税メリットを最大限に活かしてみませんか。

口座開設手数料
運営管理手数料
0

※ 運営管理手数料以外に、国民年金基金連合会等への手数料がかかります。

詳しくはこちら(必要諸経費)

メリット3多様な商品ラインナップ

2つのプランから選べる、多様な運用商品ラインナップ!

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)では、お客さまの投資ニーズに合った運用商品をご提供できるよう、2つのプランをご用意!

セレクトプラン

2018年11月に導入したプランです。「低コスト」と「多様性」にこだわり、選定した商品ラインナップをご提供しております。

PDFです。新しいウィンドウで開きます。セレクトプラン商品ラインナップ

オリジナルプラン

2005年のiDeCoサービス提供開始からご提供しているプランです。運用商品の見直しを行い、コストや運用実績などを総合的に鑑みて、選定した35商品をラインナップとしてご提供しております。

PDFです。新しいウィンドウで開きます。オリジナルプラン商品ラインナップ

※ 2019年4月 SBI証券調べ。

ご注意事項

<投資信託に関するご注意事項>

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

<その他のご注意事項>

  • 確定拠出年金運営管理機関であるSBI証券は、お客さま(加入者等)に対して特定の商品への投資について指図を行うこと、または指図を行わないことを勧めるものではありません。
  • 掲載されている各コンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。
  • 投資対象、投資機会の選択などの投資に係る最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

お客様サイトへログイン

iDeCoサイトへログイン

iDeCo専用口座管理画面へのログインはこちらになります。

iDeCoログイン

動画で解説!iDeCoで賢く 積立&節税
iDeCoでの運用商品選びをサポート!「SBI-iDeCoロボ」
iDeCo加入者診断&節税シミュレーション
iDeCo online
確定拠出年金セミナー開催中!! 税制優遇を100%使いきる!
iDeCoで自分年金をつくる
個人型確定拠出年金ガイド
日本証券業協会 電子書店で無料配信!

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.