SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索

  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-17 07:23:19

iDeCo(個人型確定拠出年金) > 制度概要 > iDeCo(個人型確定拠出年金)の概要

iDeCo(個人型確定拠出年金)の概要

iDeCo(個人型確定拠出年金)の概要

「iDeCo(個人型確定拠出年金)ってなに?」という方のためにiDeCo(個人型確定拠出年金)の制度上の位置づけから、従来の退職金制度との違い、確定拠出年金に関わる各機関の役割まで幅広く解説します。

公的年金制度上の位置付け

日本の年金制度は、20歳以上の全国民が加入する「国民年金」(基礎年金)に加え、民間のサラリーマン等が加入する「厚生年金保険」、そして民間企業が実施する厚生年金基金や確定給付企業年金等の「企業年金」から構成されています。また、自営業者等向けとして、任意で加入できる「国民年金基金」があります。 これらの年金制度は「確定給付年金」と呼ばれ、国や企業が将来の年金の支払い額を約束しているのが特徴です。

この従来からあった確定給付型の年金制度に加えて、新しく導入されたのが「確定拠出年金制度」です。「確定拠出年金制度」では、加入者自身が資産を運用するため、確定給付年金と違い、将来支給される年金額はそれぞれの運用成績次第で変わってきます。そのような形で、公的年金を補い、「国民の生活の安定と福祉の向上に寄与すること」を目的として、平成13年10月から導入された年金制度なのです。
今後、老後資産の形成のために多くの国民の利用が見込まれている、確定拠出年金制度ですが、事業主が導入を決定し、掛金を拠出する「企業型確定拠出年金」と、個人が自らの意思で加入し、自らの資金から掛金を拠出する「iDeCo(個人型確定拠出年金)」とに分けられています。

  • ※企業年金とは、厚生年金基金、確定給付企業年金、石炭鉱業年金基金等のことを指します。

これまで、iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者は、自営業者や勤務先に企業年金も企業型確定拠出年金もない会社に勤めるサラリーマン等に限られていましたが、法改正により、2017年1月から公務員や専業主婦(夫)、企業年金(※)加入の方もiDeCo(個人型確定拠出年金)の加入対象者に加わりました!詳細を見る
※確定給付企業年金や厚生年金基金、および企業型確定拠出年金(適合する掛金上限を規約に定めた場合に限りますので、iDeCo(個人型確定拠出年金)に加入できるかお勤め先にご相談ください。)

従来の退職金制度との違い

確定拠出年金は、厚生年金基金、確定給付企業年金、退職一時金などの従来の退職金制度とは違う点がいくつかあります。ここでは、大きな違いを5つおさえておきましょう!

掛金の運用者は?
掛金を拠出した個人です。
従来の退職金制度では、会社が掛金の運用者でしたが、確定拠出年金は掛金の運用者は自分ですので、運用する金融商品をご自身で選択することが出来ます。

積立資産の確認をするのは?
ご自身で積立てた金額と運用の成果を確認することができます。
従来の退職金制度では個人の持分という考え方ではなかったので、ご自身で積立てた金額とその運用成果という考え方自体がありませんでした。

受取開始時期は?
原則として60歳から70歳までの間で、ご自身が好きなタイミングから受取を開始出来ます。
従来の退職金制度では、退職時に受け取ることになっていましたが、確定拠出年金の場合は、自分の好きなタイミングで受け取れるので老後の生活設計が立てやすくなっています。但し、受取可能となる年齢は、通算の加入者等であった年数が少ないと遅くなり、最長で65歳となります。

受取額は?
個人ごとの運用成果により受取額は変動します。
従来の退職金制度では、退職金規程に定められた受取額を会社が保証していました。確定拠出年金では受取額の保証はなく、個人の運用成果により受取額が変動するので、運用成果を出せるようにしっかりと金融商品に関する知識をつけてから運用を開始することが望まれます。

「持ち運び」はできる?
転職・退職した場合には、積立金を転職先などに積み立てた期間の記録と共に原則持ち運び可能です。
それまでに積立てた資産と積み立てた期間が確定拠出年金制度の間で引き継げることは、従来の企業年金制度等にはない特徴であり、ポータビリティと呼ばれます。

確定拠出年金に関わる機関

iDeCo(個人型確定拠出年金)に関係する各機関の役割や業務内容は以下の通りです。
当社は、個人型年金の実施者である国民年金基金連合会より運営管理業務の委託を受けています。さらに、運営管理業務のうち、一部の業務に関しては、SBIベネフィット・システムズ(株)に再委託しております。

SBIベネフィットシステムズ(株)は、確定拠出年金のレコードキーピング(記録管理)システムを独自開発した国内唯一の運営管理機関として、2001年3月に設立されました。設立から10年以上に渡って確定拠出年金の記録管理サービスを提供している、SBIグループ企業です。

資料請求 証券総合口座をお持ちの方
資料請求 証券総合口座をお持ちでない方

ご注意事項

<投資信託に関するご注意事項>

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書等をよくお読みください。

<その他のご注意事項>

  • 確定拠出年金運営管理機関であるSBI証券は、お客さま(加入者等)に対して特定の商品への投資について指図を行うこと、または指図を行わないことを勧めるものではありません。
  • 掲載されている各コンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。
  • 投資対象、投資機会の選択などの投資に係る最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

お客様サイトへログイン

iDeCoサイトへログイン

iDeCo専用口座管理画面へのログインはこちらになります。

iDeCoログイン

SBI証券ではじめるiDecoセレクトプラン動画セミナー
つみたてNISAとiDeCo 節税に強いのはどちら?
動画で解説!iDeCoで賢く 積立&節税
iDeCoでの運用商品選びをサポート!「SBI-iDeCoロボ」
iDeCo加入者診断&節税シミュレーション
iDeCo online

SBI証券はお客様の声を大切にしています

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.