SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索

  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-01-19 08:42:58

投資信託 > 外貨建MMF > 円貨・外貨決済 / 取引までの流れ

円貨・外貨決済 / 取引までの流れ

円貨決済と外貨決済

円貨決済

投資信託等をお買付する際と同様、証券総合口座での買付余力の範囲でお取引いただけますので、為替取引の手間を省きたい場合は、円貨決済でのお取引が有効です!

外貨決済

外貨建債券や米国株式を新たに購入する待機資金として、償還金や売却金を任意のタイミングで日本円に換金して為替差益を狙うことができたり、さらに、債券の利金や株式の配当金を外貨建MMFで運用すると、より効率的に資産運用を行なうことができます。
そして、同通貨のお取引(例:米ドル建MMFから米国株へのお買付)なら、為替手数料はかかりません。

外国株式取引での活用法(例:米国株の場合)

外貨決済と円貨決済のポイントをチェック!

外貨決済・円貨決済いずれの場合でも購入・解約時の手数料は無料!

為替取引、または円貨決済にかかる為替取引上のスプレッドは同様!

通常の為替取引と外貨建MMF円貨決済時の為替取引は為替約定時間が異なるため、約定レートは異なる場合があります。

外貨建MMFのお買付はこちら  外貨建MMFの積立設定はこちら

ページトップへ

お申込方法

外貨建MMFの取引

外貨建MMF取引のお申し込み

外国株式取引・外貨建債券取引・外貨建MMF取引をされたことがなく外貨建商品の取引口座が未開設の方

外貨建MMFのお取引には、外貨建商品の取引口座を開設する必要がございます。外貨建商品の取引口座を未開設の方は、下記より取引開始手続きのお申し込みをお願いいたします。
信書(取引報告書、取引残高報告書)の電子交付が可能です。

  • ※これまで米国株式取引サイトにて外貨建MMFをお取引されていたお客様におかれましては、今後はメインサイト「取引」タブから外貨建MMFをお取引いただけますようお願い申し上げます。

外国株式取引・外貨建債券取引・外貨建MMF取引をされたことがあり外貨建商品の取引口座が開設済の方

買付の場合は、メインサイト「取引」>「投資信託」>「外貨建MMF(買付)」より、売却の場合は、「取引」>「投資信託」>「売却」>「外貨建MMF」より、お取引いただけます。
積立設定の場合は、「取引」>「投資信託」>「外貨建MMF(積立買付)」より設定いただけます。

  • ※WEBサイトでの目論見書の閲覧確認後、直ぐにお取引が可能(メンテナンス作業時等を除く)となります。

お預かり残高・お取引履歴について

お預かり残高はメインサイトの「口座管理」>「口座(外貨)」画面にて、お取引の履歴は、「口座管理」>「口座(外貨)」>「取引履歴」>「外貨建口座」画面にて、ご確認いただけます。

国籍登録のお願い

外貨建MMFは、事前の国籍登録がお済みでないとお買付いただくことができません(国籍登録の完了までには通常、2営業日程度お時間を頂戴します。)。こちらの商品のご購入をお考えのお客様は、国籍登録をお早めに行っていただきますようお願い申し上げます。詳しくはこちら

外貨建MMFのお買付はこちら  外貨建MMFの積立設定はこちら

ページトップへ

購入方法

豪ドルMMFを円貨決済にて購入する例をご紹介します。

「円で買付」をクリックし、金額を入力します。

  • ※円貨決済は、5,000円以上1円単位で購入できます。
  • ※外貨で購入する場合は、上部の「豪ドルで買付」をクリックします。

「買付金額」を入力してから、「計算」ボタンをクリックすると、入力した金額と上部の参考レートにて計算した外貨(円貨)での概算購入金額が表示されます。

  • ※「計算」ボタンをクリックせずとも、注文確認画面へ進むことはできます。

取引パスワードを入力して、「注文確認画面へ」ボタンをクリック。

外貨建MMFのお取引はこちら

※外貨建商品口座未開設の場合、口座申込画面へ遷移いただけます。

ページトップへ

積立設定方法

米ドルMMFを新規で積立設定する例をご紹介します。

  • ※「外貨建MMF(積立買付)」画面に初回遷移した際は、目論見書電子書面閲覧の同意画面や、投資信託積立約款及び為替取引に関する説明書の内容承諾画面が表示されます。
▼
  • ※既に同銘柄の目論見書をご同意されている場合は、表示されません。
▼
▼
▼

外貨建MMFの積立設定はこちら

ページトップへ

ご注意事項

  • 当ファンドは、主に外貨建の公社債を投資対象としている投資信託です。この投資信託の基準価額は、組入れている公社債の値動き、金利の変動、発行者の経営・財務状況、および信用状況の変化等の影響により上下しますので、これにより投資元本を割り込むことがございます。また、外国為替相場の変動により投資元本を割り込むことがございます。
  • 当ファンドのご注文におきましては、外貨決済または円貨決済によるご注文を選択いただけます。なお、買付注文におきましては、外貨決済では外貨の買付余力が必要となり、円貨決済では証券総合口座における円貨での買付余力が必要となります。
  • 投資対象の異なる複数のファンド(サブ・ファンド)を有するアンブレラファンドのMMFは、サブ・ファンド間でのスイッチングはできません。
  • 売却注文は売却可能額の範囲でご注文いただけます。なお、全部指定によるご注文では、分配金込みの金額にて受渡されます。
  • 売却注文におきまして、金額指定によるご注文を発注中の場合、同一注文日となる全部指定のご注文は発注いただけません。なお、同一注文日であっても、別途金額指定のご注文は発注いただけます。
  • 外貨建MMF休場日、または為替取引休場日が連日重なった場合、円貨決済注文におきましては一定期間買付停止となる場合があります。
  • 注文入力画面における「参考計算機能」は、入力または選択いただいた金額と参考レートを元に、外貨または円貨での概算約定金額を表示します。そのため、実際の約定金額とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ご投資にあたっては、目論見書や目論見書補完書面等をよくお読みください。
  • 為替レートはThomson Reuters提供の参考レートであり、当社における実際の取引レートとは異なります。

<円貨決済に関するご注意事項>

  • 円貨決済注文における約定為替レートは、当社が取得した銀行レートに当社所定のスプレッドを加味したレートになります。
  • 円貨決済の買付注文におきまして、受注時にはご指定いただいた金額(円貨)に対し、注文確認画面等にて提示する参考為替レートを除して概算の外貨受渡金額(小数点3桁以降切捨)を算出いたします。また、約定時には受注時にご指定いただいた金額に対し、確定した為替約定レートを除して確定外貨受渡金額(小数点3桁以降切捨)を算出し、算出した確定外貨受渡金額に為替約定レートを掛けて円貨の確定注文金額(小数点以下切捨)を算出いたします。そのため、約定為替レートによっては、当初の注文金額(円貨)と確定注文金額(円貨)で少額相違する場合があります。
  • 円貨決済の売却注文におきまして、受注時にはご指定いただいた金額(外貨)に、参考為替レートを掛けて概算の円貨受渡金額(小数点以下切捨)を算出いたします。また、約定時にはご指定いただいた金額(外貨)に、確定した為替約定レートを掛けて円貨受渡金額(小数点以下切上)を算出いたします。
  • 円貨決済をご選択された場合、注文確認画面にて外貨建MMFの約定日・受渡日、また為替取引の約定日・受渡日が表示されますのでご確認ください。

<積立買付に関するご注意事項>

  • 積立買付のご注文におきましては、円貨決済にて発注いたしますので、証券総合口座における円貨での買付余力が必要となります。なお、買付資金をご入金いただく場合、次回発注予定日の前営業日までに証券総合口座に着金いただけるようお手続きをお願いいたします。注文発注時に、買付余力が不足している場合等は、該当ファンドの発注は行われません。
  • 積立買付のご注文は次回発注予定日(申込日の前営業日の翌日)のAM0:00-2:00(予定)の間に発注されます。
  • 積立設定日に応じた次回の申込日がファンド休場日、または為替取引休場日等による申込不可日である場合、申込不可日以降の最初の営業日が申込日となります。この場合、申込不可日以降の最初の営業日の前営業日の翌日が次回発注予定日となります。
  • 各銘柄におきまして、ファンド休場日、または為替取引休場日が連日重なった場合、一定期間お取引の受付を停止させていただく場合があります。その場合、当該期間における該当日は当社非営業日とさせていただきます。
  • 積立買付発注時間帯や毎営業日PM19:00-19:30の間のシステムメンテナンス時間等は、積立サービスの新規設定や、設定変更、解除等は受付できません。
  • 同一日に複数の通貨で積立発注される場合、米ドル建MMF→豪ドル建MMF→NZドル建MMF→カナダドル建MMF→南アランド建MMF→トルコリラ建MMFの順で発注いたします。また、同一日に複数の米ドル建MMFが積立発注される場合、ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド米ドル建MMF→ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド米ドル建MMF→ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト米ドル建MMF→ゴールドマン・サックス米ドル建MMFの順にて発注いたします。
  • 各コースの積立発注日が同一日の場合、ボーナス月コース→毎月コースの順にてそれぞれ発注されます。
  • 外貨建MMF(積立買付)は、投信積立銀行引落サービスの引落対象外商品です。

お客様サイトへログイン

ゴールドマン AI/ビッグデータ運用 キャンペーン実施中!!つみたてNISA 【PR】地域の未来を創る!「ふるさと投資」に参加しませんか?(ミュージックセキュリティーズ社からのご案内)

ご注意事項

ヘルプ

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.